頭 ニキビ

頭ニキビとシャンプーの選び方


意外に聞こえるかもしれませんが頭はニキビの好発部位の1つです。ニキビといえばまずメインは顔ですが、他にも背中やデコルテなどもよくニキビができます。顔、背中、デコルテ、頭、これらの共通点は皮脂分泌が多い場所であるということです。

 

頭ニキビとシャンプー

頭ニキビは頭皮全体にできることはまずありません。頭皮の中でも頭頂部、次いで後頭部にニキビができやすく、うなじの辺りの毛の生え際なども意外とひんぱんにニキビができることがあります。

 

頭ニキビは頭髪に覆われているため発見するのが遅れがちです。シャンプーをしている時に偶然見つけることが多く、しかもかなり重症化して膿が流れ出さんばかりになっているものもよくあります。

 

しかし顔の場合と同じで頭ニキビも決して指や爪でつぶしてはいけません。指や爪には思っている以上に雑菌が多く潜んでおり、不潔な指で頭ニキビをつぶそうとするものなら、ウズラの卵ほども大きく腫れ上がることがあります。

 

頭皮は顔ほど熱心にケアする人はあまりいないようです、顔はいつも人の目に触れていますからさすがにスキンケアを怠る女性などは少ないようです。しかし考えてみれば顔の皮膚も頭皮も髪の毛があるかないかの違いがあるだけで他はすべて同じです。乱暴に扱うとやはりダメージを受けて大きく傷つきますし、いったん傷がついたら、髪の毛の中でケアすることもむずかしく、また蒸れやすいので治るのにもひじょうに長い時間を必要とします。

 

こうした頭ニキビを防ぐにはふだんからの正しいシャンプーの選択と、また正しいシャンプーの方法を知っておかなければなりません。

頭皮トラブルで使いたい男性用シャンプーBest3

頭皮トラブルで使いたい女性用シャンプーBest3

 

 

アジュバン リ:シャンプー 女性 34歳-シャンプー体験談-

その時のあなたの頭皮の状態は?

アジュバン リ:シャンプー

ニキビがよくできたりして、ところどころ赤いところが目立っていた。また、頭皮の匂いが取れていないような気がしていた。

 

そのシャンプーを選んだ理由 

美容師さんに相談したところ、元々敏感肌だったのもあり、赤ちゃんにも使える、肌に特に優しいと紹介して貰った。

 

使っている(いた)期間と刺激、香り、気になった点など

市販のシャンプーのような原料を使用していないので、泡立ちはよくはないです。匂いも弱く、フワッと香るような洗い上がりにはなりません。ですが、余計なものを使っていないということなので、逆に安心しました。
もう3年くらいは使用し続けています。通販や美容室でしか手に入らないですし、値段もそこそこしますが、それでも市販のシャンプーには戻れないくらいです。
刺激は弱く、肌トラブルはそれ以上できませんでしたし、泡の量にも惑わされないので頭皮までしっかり洗うようになりました。結果、頭皮のニキビは減っていき、今ではほとんどできなくなりました。頭皮の匂いも気にならなくなったように思えます。洗い上がりは、しっとりよりサッパリする感じです。

 

どんな風に使ったか・また工夫した点など

泡立ちが悪いので、2度シャンプーをするようになりました。でも美容師さんからしたら、その洗い方が常識だったようですが。1度目で表面の汚れや脂を落とし、2度目で頭皮をしっかり洗うようにしました。すると、泡立ちが良くなりました。
また、シャンプー自体の香りが弱いので、トリートメントで良い香りを補いました。

 

どんな効果があったか(または無かった)、他の商品との違い、改善して欲しい点

お陰様で頭皮のニキビは無くなり、匂いも気にならなくなりました。
市販のシャンプーに使用されっている成分はほとんど使われていないので、アレルギー体質の方にも使えると思います。余計なものが入っていないので、とにかく安心です。
改善ポイントは特にありませんが、もう少し安くて手に入りやすいと楽だな、と思います。